赤ちゃんの便秘を治すためには様々な方法がある

乳児

原因と頻度の話です

親子

赤ちゃんの便秘は月齢によって原因が違うことも多く、月齢が浅い場合は水分不足と乳酸菌不足、月齢がある場合は離乳食が挙げられます。 一方、排便は毎日必要という訳ではなく、2日くらい空くのであれば一般的に問題ありません。ただ気になるのであれば、ラクトフェリンの成分が配合されているサプリメントなどを与えてみましょう。

View Detail

成長とともに変化する便

赤ん坊

赤ちゃんの腸の働きは成長とともに変化し、便の様子なども変化していきます。成長とともに便秘になる事もよくあります。母乳やミルクの頃はマッサージや肛門の刺激で改善されます。離乳食が始まると水分不足や食物繊維が足りないとなる場合がほとんどで、水分を多くとり食物繊維が豊富な食べ物を食べる事で改善されます。

View Detail

タイプ別対策を行なう

ベイビー

粉ミルクも工夫があります

3日以上の排便がない場合、便秘として見なされます。便秘はとても辛い症状です。その便秘対策として腸内の善玉菌を増やすことが挙げられますが、そもそも赤ちゃんが摂取する母乳にはラクトフェリンが含まれており、これが腸内環境をよくするとされています。しかし、粉ミルク中心の場合だとラクトフェリンが含まれていないと便秘になりやすくなります。 しかし、近年ではラクトフェリンなどの腸内環境をよくする成分が含まれている粉ミルクが販売されるようになりました。したがって、このような商品は便秘に悩んでいる粉ミルク中心の赤ちゃんを育児するお母さんに広く選ばれている傾向にあります。もし、赤ちゃんが排便の際に苦しんでいるようだったら、粉ミルクを変えてみるのもひとつの手段です。

水分不足が要因の一つです

そもそも赤ちゃんの便秘は様々な要因で起こり得ます。 その要因の一つとして水分不足が挙げられます。特に体内の水分が蒸発しやすく、汗もかきやすい夏によく水分不足が起こりやすいとされています。そのため、夏には授乳に加え、水分補給を行っていく必要があります。 しかし、中には哺乳瓶を受け付けず、母乳以外のものを拒否する赤ちゃんがいます。離乳食が可能な時期の赤ちゃんの場合はスプーンやマグカップ、ストローなどで水分補給したり、離乳食に水分を多く含ませることも可能ですが、そうでない月齢期の場合は授乳回数を少し多くするとある程度の水分補給をすることが出来ます。 水分不足の目安はおしっこの量と回数です。だいたい5〜6回以上とされていますが、それ以下であれば対策を行う必要があります。

子どもの便秘を解消

笑う赤ちゃん

赤ちゃんの便秘で心配になるお母さんは多いです。でも、赤ちゃんの機嫌が良かったらほとんどの場合、心配しなくて大丈夫です。赤ちゃんにもうんちを出すタイミングがあるのです。その時のうんちの色と硬さが良い状態なら問題ありません。ただ気になるようであれば、マッサージしたり、食事に気をつけたりしましょう。

View Detail